カテゴリ:domestic travel( 61 )

保護者同伴

15歳以上も離れた若人と共に、
「ツタンカーメン展」に行ってきた。
完全に引率?保護者?状態。

この歳になれば、
15歳近く上の人とでも、
普通に付き合い出来るけど、
自分が20歳過ぎの時に、
15歳以上うえの人って、
超おじさん?だったと思うと、
よく付き合ってくれたもんです。

いやいや、
自分が付き合ってあげた、、、?

事の始まりは、
よく行くカフェのスタッフと話をしていて、
ツタンカーメン展に行きたいんだと聞かされ調べたところ、
チケットが¥3000もするじゃありませんか!
しかも「ツタンカーメン展」と謳っておきながら、
その代名詞となる「黄金のマスク」は来てないんですよ。
この事に関しては「詐欺だ!」「インチキ!」だと批難殺到らしい。
確かに「ツタンカーメン展」と聞けば来ていると思うだろう。
しかし、自分の知識の範囲内では黄金のマスクは現在エジプト「門外不出」だったような、、、。
これまたしかし、来ていない事はちょっと調べればわかる話だし、、、。
期待していた人は、主催者の術中にハマった訳ですよ。
ウソはついていないにせよ、主催者も「イヤらしい」ですよね。
テレビ局がやりそうなテクニック。
よって来場者は「日本美術展史上、歴代2位の来場者数を記録!!」とか言っちゃってるし。
計算してみた、入場料¥3000×のべ来場者数172万人(11月末現在)=約50億円の収入。
おいしい商売です。

e0080165_2116428.jpgこんなポスターだったらマスクが来ていると思うわな。

話はズレましたが、
そこで、みんなで小銭を積み立てをしよう!と言う話になったのが、
確か9月?いや10月?
全員分までは溜まらなかったものの、
1月迄の開催だったので取りあえず行く事になった訳。

とは言っても、
自分の仕事はひと山は過ぎたものの、
まだまだ山積みの仕事。
午前中に仕事のノルマを済ませ、
急いで待ち合わせの上野へ。
しかし!!
自分も多少遅刻したものの一番乗り。
よって一人で順番待ちの整理券をもらいに行く羽目に。
言いたくはないものの「今どきの若者は!」って言いたくもなりますよね?
そこは大人になって、、、。

で、集合!
整理券の時間まで時間があったので、
アメ横をみんなで散策。
調べてみたら、3年振りぐらいでしたが、
まるで異国に来たかのような変貌を遂げていました。
とは言っても中国や韓国ね。
しかも、中国や韓国に行った事もないクセにね。
大久保のようになるのも間近かも?

では、どうぞ。

e0080165_21184915.jpgアメ横ね。テレビで有名なチョコレート屋さん
e0080165_21194416.jpg有名なアメ横「センタービル」の地下。輪をかけて完全に外国に乗っ取られていましたね。

e0080165_21232232.jpg
e0080165_21234316.jpg

e0080165_21241592.jpgファーストフードはほぼ異国料理になっています。

e0080165_212441100.jpg

e0080165_2135864.jpg上野では「TUMI」も「ツミ」になる街です。

e0080165_21254419.jpg整理券があっても並ぶツタンカーメン展。上野の丘からはスカイツリーが真正面です。

e0080165_2128015.jpgそして一瞬で観覧終了。人が多過ぎて観れたもんじゃなかったですが何か?メインイベントでしたが何か?もちろん黄金のマスクなんてなかったですが何か?もちろん撮影禁止でしたが何か?撮影禁止の美術館や博物館なんて日本ぐらいです。けど良いんです。全てが予想通りの結果だったので。

e0080165_21314749.jpg若人達。大人と子供じゃないんですよ。みんな二十歳半ば。少々小さくて、かなりデカい奴なんです。

e0080165_21365215.jpgそして結果に「ヤケ酒?」いやいや夕方から上野で「はしご酒」まずは「おでん」

e0080165_21385514.jpgボケちゃっているけど、次は「串揚げ」

e0080165_21394111.jpg〆は「羽付きたい焼き」
若者のパワーを少しでももらった気分になり楽しかったです。
若人達よ!またおじさんと遊んでね!!


e0080165_21421646.jpgおまけ。
10年前の旅行の写真。これ本物のツタンカーメン「黄金のマスク」の後ろ姿。前はよく観るでしょうけど、後は観た事ないでしょ?当時はまだフィルムカメラにこだわっていたのでスキャンしてみました。自慢じゃないですよ。けど本物観ちゃったら他はどうでもよくなりますから。

[PR]
by washiwo | 2012-12-12 22:46 | domestic travel

また、また、また、、、3

最終回。

今回は世界遺産「白川郷」

期待はしていなかったので良かったですが、
期待とおりの結果。

最初にも書きましたが、
やっぱり和物は得意じゃないみたいですね。
しかも人多いし。

行った人の情報だと、
白川郷は冬に行くのが良いらしいですね。
けど雪国育ちの自分にとっては、
趣が違うだろうけど、別に、、、。

では、どうぞ!

e0080165_13383988.jpgこの吊り橋を渡って白川郷へ向かいます。

e0080165_13414382.jpg

e0080165_13431164.jpg

e0080165_13434099.jpg高台からの集落の眺め。

e0080165_134436100.jpg

e0080165_13455238.jpg

e0080165_13462446.jpg

e0080165_13465217.jpg童話に出てきそうな、のどかな風景もあります。嫌いな訳じゃないんだけど人多過ぎ。こんなところでのんびりとなら良いかな?

e0080165_13492861.jpg神社も合掌造り

e0080165_13501863.jpg蕎麦屋。演出なのか?柿が干してあり情緒を醸し出しています。

e0080165_1352741.jpgその蕎麦屋。こう言うアングルの写真撮る人多いよね。真似してみた。
とは言っても、のんびり出来た良い旅行でした。
[PR]
by washiwo | 2012-12-11 14:00 | domestic travel

また、また、また、、、2

白川郷・高山ツアー続き。

高山の翌朝、
高山市内を横断する川
「宮川」に沿って行われる
名物?「宮川朝市」へ。
マーケットフェチ?の自分としては、
買わずとも行かずにはいられない。
既に初雪を観測している街なだけあって、
さすがに朝は寒い!

庶民の「市」というよりは、
観光客向けになっているのかな?
しかも年中無休で行われているらしい。
世界の各都市では、
このような「市」は、
観光客向けになっているとは言え、
まだまだ残っているけど、
ここ、日本では希少な市になっているんじゃないかと思う。

では、画像でどうぞ。

e0080165_14422635.jpgこの川沿いに並びます。
e0080165_1446051.jpg
e0080165_1450183.jpg
e0080165_14504931.jpg
e0080165_14511445.jpgこんな傘帽子を冠った「名物おじさん?」もいます。

つづく。
[PR]
by washiwo | 2012-12-10 14:00 | domestic travel

また、また、また、、、

はとバスで小旅行。
どんだけハトバスが好きかと言うと、

e0080165_14135573.jpgこんな本を買ってしまうほど好きな訳?好き?いや楽だから良いんですよ。自由が利かないから嫌だって言う人もいるかと思いますが、公共交通機関を使わなくて済むので時間短縮だし、車で行っても運転が疲れるし、ただバスに乗って寝てても運んでくれるなんて最高です。けど海外旅行の時は、その交通機関を使って、ハプニングも含めて楽しい訳で、よっぽどじゃないとツアーは使いませんけどね。


毎年自分の誕生日に合わせ、
連休もあるという事で小旅行に行く訳。
今回はこれ!

「世界遺産白川郷と小京都・高山」

世界遺産白川郷は初、高山は10数年振り。
前回の高山は友人に車で連れられて行っただけなので、
ほとんど記憶になく、もう一度行ってみたかったのです。

結果から言うと微妙、、、。

自分は田舎の「和」的なものが得意じゃないようです。
だって田舎育ちだしわざわざ行っても、、、。
もちろん北海道の田舎とは趣が違いますけどね。
かといって神社仏閣を観て歩くのは好きなので、
京都とかは大好き!

そして、そう言う和系の街に行くと、
必ず「ナチュラル系」の店が多いでしょ?
ナチュラル系と言っても「土臭い」方ね。
木の温もりとか、そっち系は全く興味ないんだよね。
これも田舎もんだからでしょう、きっと、、、。

では画像でお楽しみ下さい。

e0080165_13501272.jpg遠方系ツアーの大概は協力会社バスなのですが、今回はハトバスBus?。休憩はすれど直行で6時間かけて高山へ。

e0080165_13523293.jpg国分寺の塔。国分寺があるという事は歴史のある街という事が伺えます。塔系を観ると上がりませんか?俺だけ?けど三重塔って中途半端のような、、、。

e0080165_13584542.jpgこのイチョウも樹齢何百年って言ってました。

e0080165_13595436.jpgストリートの橋の横にある有名な団子屋。

e0080165_1414625.jpg一番有名な古い町並が残るストリート。

e0080165_1433986.jpgそば屋も情緒があります。

e0080165_1451984.jpgここ本当に「古い町並」って言うストリートなんです。まんま過ぎねぇ?

e0080165_1461684.jpg普通にコーヒーを飲みたいと思ってもこんなお店ばっか。別に良いんですけどね。

e0080165_1472784.jpgやっとホテル。期待はしていなかったのですが、サービスも味もなかなかな夕食でした。

e0080165_149783.jpgこの温泉ホテルには夜景が見える屋上と地下にこのような和風風呂。

e0080165_1410174.jpg本物の畳ではないですが、浴場内も畳風。こんな浴場初めて見ました。
つづく、、、。
[PR]
by washiwo | 2012-12-07 14:00 | domestic travel

実は、、、。

日光への本当の目的はこれ!

e0080165_23472831.jpg東武ワールドスクエア!
前々から行きたかったんです。知ってますよね?世界の有名な建造物が1/25で再現された「ニセモノテーマパーク」。失礼!世界建築博物館。しかしあなどるなかれ、土砂降りでしたが超楽しかったです!自分には、、、。一応100ぐらいあるのかな?自慢ではないですが半分以上は実物を見た事があるので、昔を思い出し一段と楽しい訳。
e0080165_23475556.jpgこれはここのキャラクター「トムとマイム」はい、どうでも良いです。
e0080165_23535256.jpg中では世界各国?ファーストフードが楽しめます。
e0080165_23544612.jpgとは言ってもこんなメニュー。あまりにも「ショボくて」退散。
e0080165_2356517.jpg世界の民芸品、お土産が買えますが、ここで買ってもね、、、けどショップのバイヤーと言う職業があれば勤めてみたい。
e0080165_2358181.jpgまずそびえたっているのが、今が旬「東京スカイツリー」奥には「東京タワー」が。
e0080165_23585795.jpgこの風景リアルでしょう?行った事のある人ならわかると思いますが、歩道橋の上から見ているような、、、結構忠実に創られているので、あなどるなかれ!
e0080165_0373656.jpg現在はウルトラマンを探せ!フェアー?で園内14万体の人形の中から4体のウルトラマンがいると言うキャンペーン?中。これ、アップで撮っていますが、かなり小さいですから。
e0080165_055876.jpgご存知ニューヨーク。実際はこんな配置ではないですが、今は亡きワールドトレードセンターのツインタワーもあります。こう見るといかに大きかったかと、自由の女神が案外小さい事がわかるでしょう?
e0080165_0115468.jpgエジプトゾーンのアブシンベル大神殿。これも結構リアルに見えるでしょう?人間の目線に合わせて撮影すると、もっとリアルに見えてくるらしい。
e0080165_0132457.jpgただ見ているだけでも自分は楽しいのですが、ウルトラマンを探せフェアー以外にも、14万体の中に隠れキャラが潜んでいるので、これを探すのも楽しい訳ですよ。ちなみにこれはエジプトソーンにいた「ミイラ」
e0080165_0165613.jpgサンピエトロ大聖堂の広場。これも結構リアル。
e0080165_0174118.jpgウエストミンスター寺院。ロイヤルウエディング中でした。
e0080165_0185742.jpgエッフェル塔。こう撮るとリアルに高そうに見えるでしょう?
e0080165_0202283.jpgそして日本ゾーン。ご存知清水寺。「今年の漢字」なんかがあったりして。
e0080165_022429.jpg何故か「カールおじさん」までも紛れていました。
自分的にはホントお薦め!ぜひ一度!
しかし!
超リアルであるものの、
決して「行った気にはなれない」のでご注意!
[PR]
by washiwo | 2012-05-10 23:00 | domestic travel

ゴールデンのつかの間

どんなに忙しくても、
せっかくのゴールデン。
さすがに疲れて、
一泊二日の温泉に行ってきました。
とてつもない土砂降りの中、、、。

e0080165_203826.jpg場所はここ。大好きな日光。昨年の正月に来たので半年振り。
e0080165_2045293.jpgいつもだと「はとバス」で行くところですが、今回は思考をかえて電車旅行。特急列車の頭にはスカイツリーオープンまでのカウントダウンの日数。駅名や路線名までも「スカイツリー」に変え、今回の旅行でもあちこちにスカイツリーのPR。さすがに東武さん一世一代の力の入れようです。
e0080165_20104024.jpg東照宮までの参道。何度来ても、この杉の佇まいは神秘的です。そしてこの雨が一層引き立ててくれています。ゴールデンにもかかわらず、あちこち空いていたし、この雨も良しとするか?
e0080165_20132992.jpg月並みですが「見ざる言わざる聞かざる」
e0080165_20141060.jpg
e0080165_20142779.jpgホント土砂降りでしたから。
e0080165_2015094.jpg宿泊は初めての鬼怒川温泉。自分はホテルにはあまり興味がなく、寝れれば良く+貧乏性なので朝夕ブッフェ付きの安ホテル。しかもその低層階の部屋からの眺め。自分的には十分ですが、嫁はどう思っているかわかりませんけどね。

[PR]
by washiwo | 2012-05-08 20:00 | domestic travel

帰郷物語2

久し振りの故郷で迎えた3泊4日の正月帰省。
とにかく食べて、寝て、温泉入って、、、グダグダな正月
はい、3kg太りましたが何か?

最終日は何度かブログに登場している、
苫小牧のお客様「Regent」さんへ。
普段はなかなかショップに来る事は出来ないので。

e0080165_2253688.jpgまずは「お抹茶」のサービス
e0080165_2255775.jpgそしてずぅずぅしくもお正月の振る舞いを受けてしまいました。
e0080165_22815.jpgリージェントさんのトレードマーク?にもなっている中庭の「豚ちゃん」は衿巻付き。こんな演出がにくいでしょう?やっぱり素晴らしいショップです。
e0080165_22105587.jpgその後東京へ向けて千歳空港へ。
e0080165_22113987.jpg国際線ターミナルが出来た事でターミナルビルはリニューアルし、こんな温泉や飛行機グッズショップ、映画館などなど、なかなか楽しい空港に変わっていました。
e0080165_22145580.jpg無事羽田空港に到着。まずしなければならなかった事。羽田空港神社への参拝。しかし!到着が遅くあいにくクローズ。残念。羽田空港に神社があるの知っていましたか?案外有名か?

[PR]
by washiwo | 2012-01-20 22:00 | domestic travel

帰郷物語

7・8年振りの北海道での年越し。

e0080165_22114662.jpgいつも北海道ではレンタカーを借りるのですが、久し振りに「電車」いや「汽車」で田舎に向かう。「北海道の車窓から」
e0080165_2213358.jpg無事に生まれ育った街「滝川市」に到着。door to doorで6時間近くの道のり。海外旅行並みです。
e0080165_22144244.jpgそれにしても今年は雪が多い。駅前の広場は雪山に。だからと言ってこんなので良いのかと思ってしまう。美観もあったもんじゃない。しかも「スマイルビル」って何だ?昔は「西友」だったビル。ここ滝川では「西友」もデパート扱いでしたが何か?
e0080165_2219114.jpg初詣は滝川神社。
e0080165_22203876.jpg車で移動中の景色。こんなところで育った自分。そんな自分が「ファッション」なんてやっていて良いのだろうかと?思うほど何もありません。
つづく
[PR]
by washiwo | 2012-01-14 22:00 | domestic travel

東京日記3

東京日記ラスト。

夜のハトバスを楽しんだ後に宿泊。
ホテルが銀座でしたので、
「築地」に行ってみました。
実は他国のマーケットは行くくせに、
目の前の自国にある有名な築地には
近寄った事すらなかった。
お盆期間中は開かれていない事を
知っておきながら向かってみました。

e0080165_22265795.jpg案の定9割?いやほぼ全てと言っていいほど閉店。にもかかわらず結構人は歩いています。
e0080165_22292912.jpg開店していたのは、名物社長の店「すしざんまい本店」ぐらい。
e0080165_22303713.jpgその「すしざんまい」でマグロの解体ショーは行われていました。次回はちゃんと開かれている時にもう一度来てみたいと思います。

午前中で終わってしまい、
その後、徒歩圏内の「汐留」へ
オフィス街である汐留自体は閑散としていましたが、
「日テレまつり」だけは凄い人でした。
それでも時間は余る。

そして、
いつもより多めのヘリコプターが飛び交う空を見てふと思ったのです。
そう、
この日は日本人として忘れては行けない日
8月15日終戦記念日でした。
そうだ「靖国神社」行こう!
終戦記念日の靖国は初めてです。

自分は特に右でも左でもありません。
別に愛国心がない訳ではなく、
物事の判断を誰にも影響される事なく
素直な自分の考えで判断出来るよう、
「リベラル」な考えでいたいのです。

歳のせいもあるかと思いますが、
色々な国に旅行に行くといつも考えるのが、

「ナショナリズム」

グローバルスタンダードって何だろう?
って思うほど、さまざまな考えや習慣があります。
毎年問われる「靖国問題」まさにナショナリズムそのものです。

e0080165_2344232.jpgこの日も東京は猛暑。声をかき消す程の蝉が泣き、警察官や公安?の方々が「これでもか!」ってぐらいいる中を進んで行きます。
e0080165_237142.jpg
e0080165_2382628.jpg参拝者の長蛇の列。参拝目的ではなかったので、さすがにこの中には列べません。リベラルな気持ちでの参拝は断念。参拝者はほとんどが年配の方なのかな?と思っていたのですが、意外と若い人も多かったです。
e0080165_2311699.jpg新聞にも載っていましたが、こんな人や
e0080165_23214463.jpgこんな人も。思想的にもビジュアル的にもちょっと偏った人が多いかと思われます。ここに来ているって事は自分も含めてか?境内には左方向の考えの方は近付けない雰囲気に感じました。
e0080165_2326936.jpgそして問題の?「遊就館」観てきました。館内は写真撮影禁止でしたので、パンフの説明を「靖国神社に鎮まります英霊のご遺書やご遺品をはじめ、英霊のまごころや事蹟な資料を展示しています」と言う事らしい。簡単に言うと近代日本の戦争の歴史を資料や映像で、そして武器、戦時品が展示されています。リベラルな考えで見るとかなり偏った内容に思えましたが、賛否は別として見応えのある内容です。展示の最初の言葉を注釈すると「あの時代の世界は国を守らないとやられる植民地時代。だから国を守る為の戦争だったのである」とありました。確かにそうでもあると思う反面、皆が使う戦争を正当化する為の世界の謳い文句ですね。
e0080165_2346564.jpg神社の周りには右方向の方々の集会が。

答えはわかりません。
けど、さまざまな国に行っても、
結局は日本が大好きです。
[PR]
by washiwo | 2011-08-23 23:00 | domestic travel

東京日記2

東京日記続き。

我が家は、
お盆期間中に妻の誕生日があるので、
毎年何かしらこの時期に出掛けます。

今年は悩んだ末、
久し振りにハトバスに乗ってみた。
今回のツアー内容は、
「夜の浅草、老舗の味と笑いの殿堂」
初の東京定期観光で、しかも夜観光便。
このコースを選んだ決めては、
初めての「寄席」を見てみたかった事。
その他の行程は特に興味があった訳ではないですが、
ツアーでの東京観光も、また違った感じで楽しめるかな?と。
短い時間の夜観光は初めてでしたが、
それはそれで満足でした。
では、行程順にどうぞ。

e0080165_1643169.jpg地方ツアーのほとんどが外注なので通常の観光バスですが、都内観光はハトバスイエロー車体。「がんばろう日本」
e0080165_16471928.jpgあんまり色気のないバスガイドさん。
e0080165_16482257.jpgまず浅草寺参拝。5時以降でしたので本堂が閉まっていましたが長蛇の列。
e0080165_16502146.jpg
e0080165_16504879.jpg仲見世の横丁は何故だか店のほとんどがKOREAN経営。
e0080165_16552041.jpg東京で人力車に乗れるのは、今では浅草ぐらいじゃないかな?
e0080165_17445793.jpg今回のメイン
「浅草演芸ホール」
までは歩いて移動。
e0080165_17462445.jpg時間の都合上鑑賞は50分だけ。その日の取りは正蔵師匠。残念ながら見れていません。
e0080165_17502586.jpg難しくてわからないかな?とも思ったのですが、意外と楽しかったですよ。15分おきに人は変わるし、落語だけじゃなくて漫才やら紙切りやら色々な人が出ているんです。通常は朝から夕方まで、夕方から夜まで、
¥2500で楽しめます。案外割安。
e0080165_17562511.jpgこれまた徒歩で「米久」へ。
「牛なべ」の夜御飯。
e0080165_1758917.jpgこれで二人前。これが意外と値段が高い。通常だと一人前¥3160。それにドリンク、御飯、みそ汁を付けたら¥5000近くいきます。だって御飯とみそ汁それぞれ¥320、ドリンクだってソフトドリンクで¥420、ビールで¥820もするんです。もちろん食事代はツアーのインクルーズですが、「すき焼き」にそこまで執着はないので通常ではまず行きませんね。味は普通。いくら老舗って言ったってこの値段はボッタクリかと?
e0080165_1804320.jpg最後は東京タワー。
夜の東京タワーは初めて。
e0080165_189933.jpgタワー内。
e0080165_1810171.jpg新宿方面の夜景。
出発地点の東京駅に戻ってツアーはここまで。
小旅行の気分を味わいたかったので、
この後にオプションで宿泊も付けてみました。
たまには?と言うか東京のホテルに泊まるのは何年振りだ?

続く。
[PR]
by washiwo | 2011-08-22 13:00 | domestic travel


ストップオーバーを運営している ワシヲのブログ


by stopover

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
life
food
fashion
music
movie
book
airlines
domestic travel
overseas travel
stopover tokyo

以前の記事

2015年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧