<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

stopover airlines ピンズ

e0080165_042394.jpg
ピンズ

今シーズンの全てのシャツに「おまけ」として付きますが、
単品としても販売します。

機体のみの大きさ 巾3.2c×高さ1.2c

レッドのみ

1個 ¥600-
[PR]
by washiwo | 2010-05-31 22:00 | stopover tokyo

トート

e0080165_22554149.jpg

トートバッグ

素材〜コットンウエザーラミネート加工

大 バック口46c×高さ28c×底マチ巾21c
中 バック口38c×高さ22c×底マチ巾17c
小 バック口29c×高さ17c×底マチ巾13c

バックの中はミニポケット付き

全てに15c×10cのファスナー付きポーチが付いています。

レッド
ブルー
カーキ(参考商品)

大 ¥6,000-
中 ¥5,000-
小 ¥4,500-
[PR]
by washiwo | 2010-05-24 22:00 | stopover tokyo

念願の

コンバースBOXセットをゲットしました。

どういうものかと言うと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CONVARSE DEPARTURE CAMPAIGNって?
2004年2月20日〜3月31日の期間中、
キャンペーン実施店舗でコンバースシューズを買うと、
シリアルナンバー入りの応募用カードを配布。
キャンペーンサイトで会員登録後、
必要事項を明記いただいた方の中から抽選で
【6航空会社コラボレーションシューズ・オリジナルBOXに6足入り】
を100名にプレゼント!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というキャンペーンで配られたBOXセットです。
その時はどうしても欲しくて、
買いまくって応募しようかとも思ったのですが、
さすがに限定100セットは「クジ運」もないし無理と。
て言うか、普通当たるとは思いませんよね?

こちらがその時のキャンペーンの新聞広告。
e0080165_23152091.jpg
物持ち良いでしょ?
そのぐらい執着していたと言う事です。
過去に何度かオークションで出品はされていたのですが、
ほとんどが10万円以上。
さすがにそこまでは、、、と思い断念していました。

その他にもバラでいくつか出品もされていましたが、
BOXでなければ意味がないと思い断念。

そしてついに10万以下が出品。
さていくらまで出そうか?と悩んでいたにも関わらず
対戦者なく一発ゲット出来ました。
ホント6年越しです。

落札金額ですか?
前述にも書いたように10万以上ではないと言う事です。
高いですかね?
仮に10万だったとしても1足2万円はしないんですよ。
しかも世の中に100足しかない物ですから、
決して高くないと思うし、逆を言えば安いと思います。

e0080165_2323218.jpgそしてこれがそのBOXです。

e0080165_2324222.jpg開けるとこうなっています。
① FINNAIR(AY-105) フィンランド航空(フィンランド)
② American Airlines(AA-001) アメリカン航空(アメリカ)
③ CATHAY PACIFIC(CX-160) キャセイパシフィック航空(香港)
④ SWISS International Air Lines(LX-724) スイスインターナショナルエアラインズ(スイス) 
⑤ BRITISH AIRWAYS(BA-125) ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス)
⑥ QANTAS(QF-081) カンタス航空(オーストラリア)
の全6社
ワンワールドメンバーでのキャンペーンと思いきや、
何故だかスイスエアラインが?
これは謎です。

e0080165_23244591.jpgそして一番重要なスニーカーはこれです。MADE IN JAPANです。これもレアな一因。今どきコンバースでMADE IN JAPANはないんじゃないかな?けどロットが100ですから海外生産は不可能だったのでしょう。サイズは24.0c。もちろん一瞬悩みましたが、自分に合うサイズを見つけるには、ほとんど不可能に近いし、どうせ履かないんだからサイズはしょうがないと考えました。

e0080165_23322130.jpgこれはキャンペーンの時に無料ダウンロード出来た壁紙。自分は未だに使用しています。皆さんもしよかったらダウンロードして下さい?!勝手にアップにしたら訴えられるかな?


バラでも出品されていたので、現存するセットは100足を切っていると言う事。
50年後「なんでも鑑定団」が放送されていたら出てみようと思います。
その前に自分は50年後生きているか?
いや、鷲尾家の家宝として子孫がきっと、、、。
[PR]
by washiwo | 2010-05-21 22:00 | airlines

パスポートケース

e0080165_22413822.jpg

e0080165_22421886.jpg
パスポートケース

高さ14.5c×横9.0c

素材〜表面コットンウエザーラミネート加工、
   中〜コットン100%+ビニール

レッド、ブルー

¥3,000-
[PR]
by washiwo | 2010-05-19 22:00 | stopover tokyo

花の競演と佐野アウトレット

ゴールデンネタ続きます。

次は、
せっかく春だし花を観て癒されたいなと思い、
お得意の「ハトバス」ツアーで、
「花の競演と佐野アウトレット」と言うコースに参加してきました。

天気は最高に良く、
とてつもない大渋滞にハマる事はなかったものの、
花に癒されるどころか何処に行っても人、人、人、、、
人に酔ってしまいました。
わかってはいるものの、
やっぱりゴールデン期間中は都内で出かけるのが良いかも?

e0080165_042486.jpgまずは群馬県にある「みさと芝桜公園」ハトバスの謳い文句では「見渡す限りの芝桜のじゅうたん!」一体何処が?結構、柵や木が目に入りますけど?芝桜を観に行くのは初めてでしたがこんなもんですか?北海道レベルで考え過ぎでしょうか?かなりガックしです。

e0080165_093010.jpg今年は寒くて草花の成長が遅いようですが、それでもまだ良い感じの画像をピックアップ。全般的には「ハゲ散らかした」感じの芝桜でした。こんなもんですか?

e0080165_013251.jpg続きまして、今度は栃木県足利にある「あしかがフラワーパーク」。これはこの公園の名物、栃木県の天然記念物にも指定されている樹齢130年の「大藤」。しかし!御覧のようにサッパリな感じです。例年ならこのゴールデン期間中が見ごろなようですが、同じく寒さで成長が遅くなっているようです。

e0080165_0172255.jpgこればかりはしょうがありません。

e0080165_018184.jpg中にはこんな藤もありましたが、花の前にある写真と比べるとボリュームが足りない感じです。

e0080165_0195465.jpgここは白藤のトンネルになるようです。


e0080165_0203295.jpgこれは中でも人が少ないところを選んだ画像。のんびりと過ごしたいと思っていても、この公園は人が多かったです。

e0080165_0231411.jpg水場もあります。

e0080165_024230.jpg藤ばかりではなく、さまざまな花が咲いています。

e0080165_0245755.jpg何本かあった八重桜は満開でした。もちろん名物「大藤」の満開が観れなかったのは残念でしたが、このように普通であれば散ってしまっている花が見れたので良しとします。

e0080165_0295889.jpgこれはポスターですが、満開時はこんな感じのようです。ここ「あしかがフラワーパーク」のホームページ内「花の状況」ページを観てみると今が見ごろのようです。今回アップした画像の何倍も綺麗な花が観れますので、リンクから覗いてみて下さい。ライトアップが最高に綺麗です。

e0080165_036421.jpgそして最後の〆?それともおまけ?御殿場と同じプレミアムが運営する「佐野アウトレット」大きめとは聞いていましたが御殿場と比べると規模は半分以下でした。


以上、ワシヲのゴールデンでした。
[PR]
by washiwo | 2010-05-17 22:00 | domestic travel

希少品

e0080165_465729.jpg

キャンバスHIカットスニーカー

参考商品です。
あえて値段をつけるなら¥18,000-かな?

弊社レベルだと通常はサンプルすら作成不可能なところ、
友人に無理を言って作成していただいた希少なスニーカー。
サンプルは2足作成し
「1足は自分用で履けば?」
と言われたものの、
もったいなく未だ無理。
自分にとって一生の記念品になる事間違いなし!
[PR]
by washiwo | 2010-05-13 23:00 | stopover tokyo

そして、、、

美術館巡り。

ひとつは恵比寿にある
「東京都写真美術館」
ゴールデンウィーク中に行われていた企画展はふたつ、
「森村泰昌展」「Jeanloup Sieff展」
もちろん人気の「森村泰昌展」ではなくて、
「ジャンルー・シーフ展」のみ行きました。

e0080165_0133855.jpgジャンルーシーフとは、60年代初頭に、ハーパース・バザーやヴォーグといった有名ファッション誌のカメラマンとして活躍した写真家。2000年にこの世を去った今でも、モノクロのみにこだわった写真は日本人のファンも多い。

e0080165_0183590.jpgこれと言って誰もが知る有名な写真はないのですが、ファッションフォトから風景、ポートレートなどさまざまな写真を撮っています。図録の中から好きな写真をピックすると、ファッションフォトではこれかな?現代のスタイルでも通用しそうな感じです。

e0080165_015226.jpg風景ではこのニューヨークの街並み写真。50年ほど前の写真ですが、今のニューヨークにもこんな感じの風景が残っていそうです。

e0080165_020443.jpgそれと、ファッション屋としては、あまりにも有名な、若かりし頃のサンローラン先生のヌードポートレート。この画像はサンローラン先生が亡くなられた時に特集されたフランス雑誌の表紙。他にゴルチェやソフィー・マルソー等、数えきれないほどの有名人を被写体にしています。
残念ながら展覧会は今週末までなので、興味のある方は急いで下さい。



次は大好きな現代美術館。
e0080165_0272045.jpg美術館横にある木場公園の吊り橋からは真正面にスカイツリーが。この画像からは小さくて見えないかな?肉眼では結構ハッキリと見えました。

e0080165_028312.jpg

e0080165_0293319.jpg今回の目的はこれ。

「Hussein Chalayan展」実物展示は少なめで映像等が多かったですが、
懐かしくも考えさせられる展覧会でした。
年の頃は自分と同じ世代ですが、
90年代半ば頃から注目され始め、
2000年頃にはコンセプチャルな表現の
ファッション分野では絶頂期だったんじゃないかな?
もちろん自分も注目していました。
しかし!その絶頂期に突然の会社破綻。
えっ何故?調子が良いんじゃないの?
破綻の理由は自分にはわからないし、
不可抗力なのかも知れない。
けど「売れてなかったんだ、、、」と考えるのが普通です。
あれだけメディアで注目されていても、
市場の評価とは全く別なんだと理解した出来事です。
本当に考えさせられました。
ファッションて?クリエーションって?メディアって?一体、、、。
色々な意味で、この事が自分にとってのファッションの方向性に、
影響を与えたと言っても過言ではないと思います。

ファッションを志した若い頃は、
クリエイターを目指し憧れ、
クリエイターになる事を夢見ていましたから。
けど、ここからクリエイティブって一体?
と在り方を改めて模索し始めました。
クリエイティブとは視覚に訴える
「今までに見た事もないモノ」ばかりではなく、
さまざまな表現があるのではないのかな?と。

チャラヤンの作品は本当にクリエイティブです、凄いと思います。
けど所詮服は「生活の中で人と対話しなければならない」のです。
服はアートに成り得ないのです。
アートになった段階で服は服でなくなり
「服の形をしたオブジェ」になってしまうと思います。
なのでいくらクリエイティブであろうとも、
人と対話出来ないものはファッションの分野でのメディアは評価をしてはいけないと。
対話出来るか?出来ないか?は市場に出てみなければ誰もわからない事でしょうが、
現在でもメディアのあり方を今一度考えて欲しいと思います。

はい、語ってしまいました、
もちろんこれも自分自身の主観ですから。
ところで何故いま「フセインチャラヤン展」なのかは不明。

e0080165_0591034.jpg最後に先ほども画像に出た吊り橋の横に、自然なものなのか?人工的なものなのか?はわかりませんが、ポピーの花畑が綺麗だったので1枚。これ「ポピー」で良かったですよね?

[PR]
by washiwo | 2010-05-12 23:00 | fashion

テディベア

e0080165_23533148.jpg

テディベア

高さ〜16.0c

素材〜コットン100%(コットンウェザー素材)

レッド
ブルー
カーキ(参考商品)

1個 ¥4,500-
[PR]
by washiwo | 2010-05-11 23:00 | stopover tokyo

BLUE MAN 再来!

ゴールデンが終わりましたね。
昨日までがゴールデンかと思っていたのですが、
世間一般的には5日までがゴールデンのくくりだったようですね。
自分は半分以上が仕事だったのですが、
珍しく少ない休みは休息の睡眠ではなく、
一応出かけてみました。

感想
やっぱり大型連休は都内で動くのが最適、、、。
と言う結論に達しました。
混雑と言うのは時間のロスが大きいですし、
人に酔ってしまい疲れます。

その少ない外出のひとつはこれ!!

e0080165_04542.jpg
「BLUE MAN」
はい、今さらって声が聞こえてきそうですが、、、。
いいんです、行ってみたかったんです!
去年の公演以来の再来日ですし、
さぞかし人気だったんだろうと思いきや、
休日にもかかわらず、半分近くは空席でした。
しかし!
自分的には満足です。
「シルク・ドゥ・ソレイユ」
よりは良かったです。

ロックミュージックがガンガンの中の
観客参加型エンターテイメント。
サイレントコメディーは万国共通なんですね。

e0080165_0143215.jpg六本木に建つブルーマンシアター

e0080165_0154387.jpg客席前列6列目までは汚れる可能性があるポンチョ席。少々値段は上がりますが、やっぱりポンチョ席でしょ?とは言ってもご覧のように使い捨てのビニールですけどね。ポンチョ席はさすがに埋まっていましたが、チケットを取ったのは2日前。2日前でこの席が空いていたと言う事は、やっぱり人気薄なのかな?

e0080165_020427.jpg開演前のスクリーン。意味不明な文が。撮影は開演前のここまで。て言うかこれもマズかったかも?

e0080165_0214216.jpg終演後はブルーマンが送り迎えをしてくれます。そして記念撮影。もちろん自分は記念撮影をしていませんよ。人のを観るだけです。

e0080165_024618.jpg公演中はシルエットしか見えないのですがノリノリだったバンドの方々。はい、日本人でしたが何か?

e0080165_0254070.jpgさすがに近くで観ると不気味です。

きっと、まだまだチケットは残っていると思うので是非!?
[PR]
by washiwo | 2010-05-10 23:00 | life

旅のお供

e0080165_2319990.jpg
アイマスク(ケース巾着付き)
素材〜コットン100%(コットンウェザー素材)

生地の間には中綿(なかわた)が挟まれているので、
目にやさしいです?

レッド、ブルー

¥2,000-
[PR]
by washiwo | 2010-05-07 23:00 | stopover tokyo


ストップオーバーを運営している ワシヲのブログ


by stopover

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
life
food
fashion
music
movie
book
airlines
domestic travel
overseas travel
stopover tokyo

以前の記事

2015年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧