<   2010年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ご注意!

「オタクっぽいと感じてしまう男性」の格好ランキング
っていうのを見つけ、面白かったので紹介。

オタクファッションを指した言葉
 「Aカジ(アキバ・カジュアル)」や「キバカジ(秋葉原風のカジュアル)」
という言葉があるそうですが知っていましたか?
はい、初めて聞きましたし。
何処でどれだけのデーターを収集したのかはわからないのですが、
30位まで載っていたので全て紹介。

「あるある」って思えるので、
イメージを膨らませてみて下さい。
自分は結構笑えました。
では、ワシヲのコメントを交えてどうぞ!

 1、アニメプリントのTシャツ
   何年か前にユニクロでアニメプリントのTシャツが売っていましたね。
   あれはオタクに向けての販売だったのか?そして今でも売っているのだろうか?
 2、アニメ柄の紙袋
   こんなのを持っている人は見た事がないんですけど、アキバに行けばいるんですか?
   ほとんど行った事がないのでわからないです。
 3、腹部に付けるタイプのウエストポーチ
   いますね、完全にイメージ出来ました。
 4、バンダナをハチマキ状に巻く
   これも想像つくのですが、最近はさすがにいないんじゃない?
 5、鞄にベタベタ貼り付けたアニメバッチ
   これもわからない?こんな人いまだにいるの?
 6、ムダに長い髪の毛
   単純に見た目を気にしない人ですね。
 7、リュックサックを片方の肩に掛ける
   うん、わかるけどこれはオタクなのか?
 8、大きくて厚いメガネ
   自分もメガネなので、、、。
 9、シャツ(Tシャツ含む)をズボンの中に入れる
   時代的に中に入れるのはOKなのですが、オタクの方々とは違いますね。
10、ケミカルウォッシュ・ジーンズ(しかもぴちぴち)
   ケミカルウォッシュもファッション的にはOKになりつつあるけど、オタクの方々とは違います。
   けど、さすがにオタクでもケミカルウォッシュを履いている人なんて見かけませんよね?
   て言うか「シマムラ」でも売ってないだろう?
11、ハイウエスト気味に穿いたズボン
   これもレディスファッション的にはOKになりつつありますが、いますよね。
12、大量ポケット付きベスト
   フィッシングベストかと思われます。メッシュだったりして、、、もしくはカメラマンのベスト?
13、携帯電話にストラップがたくさん
   これも紙一重。自分的にはオタクじゃなくともストラップを沢山付けている奴は引きます。
   ギャルとか、某タレント「ベッキー」って沢山つけてなかったでしたっけ?今はもうない?
   今どきストラップ自体付けてる人はほとんどいないでしょう。
14、迷彩・ミリタリー柄の服
   これも微妙。迷彩柄に目がない自分には痛い感じです。
15、白い靴下
   本当は清潔で良いのにね。
16、指貫グローブ
   これは笑えました。いましたよね?て言うよりも今どきもいるの?
17、ツータックのチノパン
   いまどき別に良いじゃないの?何が悪いの?履き方ですね。
18、I (ハートマーク)○○ のTシャツ
   これもオシャレな人と紙一重。
19、無精ひげ
   渋谷にもいっぱいいるじゃん。
20、テクノカット風のもみあげ
   左右を揃えているうちに自分でやってしまうのか?
   それとも床屋で勝手にやられるのか?いや、今どき床屋でもしないかな?
21、青いグラデーション・チェックシャツ
   これは、どんな服を示すのかわからないです。
22、袖のないTシャツ
   はい、いますね。そしてバンダナを頭に巻く。イメージ出来ましたか?
23、タンクトップの肌着
   グンゼとかYGの事かな?今では両者共にファッションを取り入れていると思うんですがね。
24、上着を腰に巻く
   今どきオタクでもこんなのはいないでしょう?
25、ハイテクシュ-ズ
   自分的には昔からハイテクスニーカーはダサいと思っていたので、、、。
26、細かい英語が全面にプリントされた服
   うん、いるね。これは逆に懐かし~って感じです。
27、十字架のペンダント、チョーカー
   これは「ゴスっぽい」人たちの事なのかな?
28、ダッフルコート
   別に良いじゃん!
29、ボディバッグ
   自分はしないけど「ギャル男」とか微妙なセンスの人も持っているよ。
30、白系のズボン
   これは別にオタクとは結び付かないんだけど。

いかがでしたでしょうか?
「ドキッ」とした方、注意して下さい!
けど、このアイテムもコーディネートでどうにでもなりますし、
どんなにカッコいい洋服を着ていたってダサい人はダサいし、
残念ながら最終的には一個人の内面と空気感でセンスは決まりますから。
一応、明日からのコーディネートの参考までに、、、。

それと、前から書こうと思っていたんだけど、
たまに訪れてしまったブログで、

「今日のコーディネート」とか紹介しちゃってる人、、、痛すぎます。
別にあなたが何着ようと興味ありませんから、、、痛すぎます。
だいたいそういう人はブランド物を並べている、、、痛すぎます。
そしてイマイチコーディネートセンスがない、、、痛すぎます。

芸能人やスタイリストなら商売だしスポンサーの問題等があるだろうけどさ、
書く事ないからネタなのか?でも、あなたのコーディネートに興味ある人いるのですか?
ホント気付いて欲しい、、、残念。

ちょっと毒吐いちゃったかな?
[PR]
by washiwo | 2010-08-26 22:00 | fashion

どんと!

「どんと」と聞いてわかる人は、
40歳前後の方々かと思われます。
soul of どんと 2010
なるものに行ってきました。

「どんと」とは伝説のロックバンド?
「BO GUMBOS」のボーカル
わかります?
正直、自分は「BO GAUBOS」は知っていても、
「どんと」までは知らなかった、、、。
しかも「BO GAUBOS」は95年に解散。
「どんと」は2000年に脳内出血で、
この世を去っていました。

「どんと」の奥さんはこれまた伝説?
女性だけのロックバンド「ZELDA」のボーカルだった方。
その奥さんの呼びかけで行われているのが、
この「soul of どんと」

参加しているアーティストが凄い!

泉谷しげる
湯川潮音
ハナレグミ
NOKKO(REBECCA)
岸田繁(くるり)
宮沢和史(BOOM)
原田郁子(クラムボン)
中嶋良恵(EGO-WRAPPIN)
曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
延原達治(THE PRIVATES)
佐藤タイジ(THEATRE BROOK)
浜崎貴司(FLYING KIDS)
YO-KING(真心ブラザーズ)
東京スカパラダイスオーケストラ(うち4人)
奥田民生(ユニコーン)
ユースケ・サンタマリア
松たか子
and more、、、

若い方には馴染みがない人が多いかもしれませんが、
これだけの人を集めれるって凄くないですか?
そう、ほとんどが80年代から90年代初めのバンドブームで
一斉を風靡した方々。

「BO GUMBOS」という、
ちょっとマニアックなバンド。
高校生の時、聞いている人は
かなりの音楽マニアか変わりモノっていうイメージ。
「どんと」を調べてみると京都大学中退。
頭が良すぎて、その音楽哲学に、
一般人は付いていけなかったのでしょうか?
しかし、プロミュージシャン同志には、
リスペクト出来る部分があるから、
亡くなって10年も経った今でも、
これだけの方々を集める事が出来るのでしょう。

天才は短命か?
きっと自分は長生きする事でしょう、、、。

さほど音楽に精通していない自分が、
何年振りのライブ?
そして何故?
それは自分にとっての永遠のアイドル?

「NOKKO」が出演するから!

このライブに気付いた時には、
時すでに遅し、チケットは完売。
しかし執念でヤフオクでゲット!
ちなみに完売チケットのほとんどが出品されています。

e0080165_2341172.jpg会場は日比谷野音。暑かったです。しかしこの解放感もたまらない!8年ぐらい前に「くるり」のチケットを貰って来たっきりです。その時のチケットは業界チケットだったので、鼻の穴まで見える最前列の席でしたが、今回はこんな感じの席。十分ですけどね。
e0080165_2344742.jpgこれだけの方々が出演されているので、もちろん会場は満席。1アーティスト1曲の演奏で最後に全員での合唱。1アーティスト目的で来るには物足りなかったですが、たっぷり3時間以上のライブは、元は十分取れたかと?

e0080165_0124266.jpgNOKKO本人と声を聞くと音楽が聴きたくなり、REBECCA時代のCDは全て持っているので、NOKKOがソロ活動を始めてからの持っていないCDを大人買い。とは言ってもアマゾンで悲しいかな、、、ほとんど1円でしたけど。改めてNOKKO単独ライブに行きたくなりました。やらないかなぁ~。

もうひとつ掘り下げて調べてみたのが、
ライブに出演していた「どんと」の息子20歳「ラキタ」について。
そこでたどり着いたのがこれ。

e0080165_0195998.jpgこれ誰だかわかります?
似すぎて笑えます。その「ラキタ」と過去に「ズットズレテルズ」というバンドを組んでいた一人で、現在は「OKAMOTO'S」というバンドでメジャーデビューをしています。その答えはダウンタウン「浜ちゃん」の息子でした。こんな大きな子供がいるんですね。と言っても浜ちゃんも50歳近いから、いてもおかしくないんですけどね。

[PR]
by washiwo | 2010-08-25 22:00 | music

夏のひと小間

マンションの廊下にいました。

ひっくり返っていてバタバタしていたところを起こしてあげました。

最初は夏の風物詩?「ゴキ」かと思い「ドキッ」としました。

天然の「クワガタ」を見たのは20年振りぐらいでした。

助けてあげたから良い事あるかなぁ?

e0080165_1856914.jpg
[PR]
by washiwo | 2010-08-23 19:00 | life

帰郷5 ラスト

北海道まだ続きます。
けど今回がラスト。

前回の羅臼を昼過ぎに出発し、
今度はその日の宿になる帯広の友人宅までの移動。
e0080165_21193287.jpg
途中、神秘の「摩周湖」に立ち寄り。
「霧の摩周湖」と言われるほど、
夏は6~7割が霧で見えないらしいのですが、
曇っていたものの見る事が出来ました!
確か、霧が当たり前の摩周湖では、
霧が晴れていると結婚出来ないと言う
迷信があったような、、、?
e0080165_2255141.jpg
摩周湖は河川とのつながりがないので正式には「水たまり」らしい、、、。
世界で2番目に透明度が高い湖らしい、、、。

e0080165_2210184.jpg次に立ち寄ったのはマリモで有名な「阿寒湖」。

e0080165_22105867.jpg「まりもっこり」もいました。

e0080165_22191123.jpg翌日朝早く起きて「トマム」の雲海を見に行く予定でしたが、このように天候不順でゴンドラが運休。見に行く事が出来ませんでした。かなり楽しみにしていたのに残念です。運行確率はかなり低いらしい

e0080165_22295191.jpg
見れればこのパネルのように雲海が楽しめます。

e0080165_2212275.jpgこれはその「アルファリゾートトマム」のツインタワーのホテル。中に入ったのですが、これで高級リゾートですか?高級リゾートじゃなくても自分的にはありえない汚さ。確かに古さは感じますが、そうじゃなくてメンテナンスや掃除が行き届いていないって感じです。これでウン万取られたらたまったもんじゃない。田舎って感じです。

e0080165_2231785.jpgお腹が空いたのでホテル内で食事。初めて食べる北海道が発祥のスープカレー。期間限定で札幌の有名店を誘致したらしく、とても美味しかったです。

帰郷おしまいです。
[PR]
by washiwo | 2010-08-21 22:00 | domestic travel

帰郷4 知床峠

知床の代表的な観光名所は、今回の知床峠で以上です。
意外とそんなに見るところがある訳じゃないんですよね。

e0080165_22561121.jpg雲があって頂上は見えませんが知床峠から見る羅臼岳。
e0080165_22583861.jpg
海の奥にうっすらと見えますのが北方領土の国後島。皆さんは北方四島の名前言えますか?「国後」「歯舞」「色丹」「択捉」字を見ても普通に読むのも困難。はい、もちろん自分は言えますよ。北海道人は身近なので読める人が多いと思います。
e0080165_23281924.jpg
北方領土と言うのは第二次世界大戦の時に、
ソ連参戦の見返りに北方四島をソ連領にするいう、
アメリカと勝手に行った密約であって、
国際法上は日本固有の領土だそうです。
これは日本サイドからの見方であって、
ソ連側からすればアメリカと約束したじゃん!
っていう言い分なんでしょうね。
単純に「言った言わない」の話じゃないかな?
しかしながら現在ロシア人が住み着き65年。
文化が出来上がっています。
ロシア人からすれば、
ここは「ロシア固有の領土」って考えているようです。
そのようにロシア人教師が言っていました。
法律が一番というグローバリズムからすれば、
日本が正しいと思うのですがね。
根深い問題です。

e0080165_23304554.jpg知床から峠を越えると羅臼という小さな街に着きます。北海道人からすると有名な港町で一度訪れてみたかった街です。

e0080165_23334310.jpg内地の方々には「北の国から」で純が内田有紀と知り合った街と言えばわかる人も増えるかな?

e0080165_23385991.jpg港町なので海産物の売店が盛んです。しかしながら残念な事に、こんな小さな街でも札幌の「二条市場」のように観光地化しています。内地の観光客だと思えば、わざとらしく独特のイントネーションの北海道弁で接客してきます。北海道人の自分からしてみれば「普段はそんな言葉使いしないだろう?」ってバレバレでかなり萎えます。

e0080165_23451329.jpgそして羅臼で食事。これ何だと思います?「トド丼」です。怖いもの見たさで頼んでしまいました。みなさん想像して下さい、トドを、、、、、イメージ出来ましたか?はい、そのままのイメージ通りの猛獣的な臭みのある味でした。次はありません。
知床は以上。
非常に良かったですよ!
世界遺産には文化遺産と自然遺産がありますが、
自然遺産を見たのは久し振り。
順位を付けるほど自然遺産を見てはいませんが、
自然遺産マイベスト3!

アメリカ「ヨセミテ国立公園」

アメリカ「グランドキャニオン」

トルコ「カッパドキア」

かな?

もちろん知床も上位です。

自然遺産にはなっていませんが、
個人的に日本の自然の景色では、
「上高地」がキレイだったなぁ、、、。
[PR]
by washiwo | 2010-08-20 22:00 | domestic travel

帰郷3 知床五湖

北海道つづき、、、

朝一で遊覧船に乗った後は、
知床の観光名所「知床五湖」に向かいました。

e0080165_055217.jpg向かう道中に、こんなそばで巡り合ったエゾ鹿。みんな車を止めて写真撮影。序盤戦だったので、この時にはまだ気付いていませんでした、、、ここ知床では何も珍しい動物ではなかったのです。それからというもの、居る、居る、居る、、、そこらじゅうに鹿がいます。

e0080165_014992.jpg知床五湖の入口に車を止めて向かうのですが、5つの湖を一周できる遊歩道はクマ出没の為本日は封鎖。開放している時なんてあるのだろうか?

e0080165_0212678.jpgそんな時の為にクマが出没しても大丈夫なように高架橋が設置されています。

e0080165_0224521.jpg橋の脇にはこんな恐ろしいモノが張り巡らされています。

e0080165_0241140.jpg

e0080165_0242962.jpg

e0080165_0245161.jpg
五湖のうちの一湖が橋の終点。
e0080165_0262977.jpg
つづく。
[PR]
by washiwo | 2010-08-20 00:00 | domestic travel

年に一度の贅沢です?

チャップリン曰く、
「贅沢になれてしまう事は想像を絶するほど哀しいことだ」
らしいです。
なので、我が家は
妻の誕生日に二人で贅沢な物を食べる。
よって年に一度だけの?贅沢です。

今年選んだのは、
「土用の丑の日」に食べ損ねた「うなぎ」にしてみました。

皆さんは何か美味しいものを食べよう!
と思った時に何を選びますか?
「うなぎ」は特別好物という訳ではないので、
レパートリーに入っていないないのですが、
逆にこういう時でないと食べないのかな?
とも思い選んでみた訳です。
スーパーやそこらでしか食べた事がないので、
本当に美味しい「うなぎ」って、
どんな味なんでしょう?

そんな感じなので、
うなぎの名店なんぞ知る訳がなく
まずは店選び。
ネットで検証した結果、
今回は東麻布にある「五代目野田岩」
知ってます?
創業160年ですって。
東京にはもっと古い鰻屋もあったのですが、
古ければ良いって訳でもないので。

e0080165_17523396.jpg住所は東麻布とはいえ東京タワーのすぐそばです。

e0080165_1754596.jpg古い蔵を使用した店舗

e0080165_17543455.jpg

e0080165_17544675.jpg箸置きも「ニョロっと」しています。箸の注意書きには「天然の鰻を使用している場合は釣針が入っている事がありますので御注意して下さい」って書いてあるのですが、注意書きでは済まされないでしょう?って思うのですが、大丈夫なんですか?天然モノの鰻を食べるにはそれなりの覚悟が必要だという事なのか?アパレルでは常識の「検針機」を紹介したいです。

e0080165_1801524.jpg今回の注文はコース料理にしたのですが、どのコースももちろんメインメニューは「鰻重」。自分達は貧乏人なので一番安いコースを注文しましたが、一番高いコースで何と!¥15000-以上します。キャビア付きとは言え「うなぎ」でですよ。とは言っても普通に「鰻重」だけなら¥3000-から食べられます。


総評
もちろん美味しかったですよ。
今まで食べていた蒲焼は、しっかりとした味の「甘タレ」がしみたもので、
魚を食べているという意識よりはタレの味を楽しんでいるような感じでしたが、
ここで食べた鰻はしっかりと魚と実感でき、
鰻本来の味を楽しめるアッサリとした蒲焼でした。
コースメニューには生まれて初めて食べる「志ら焼」も含まれており、
こちらも本来の鰻の味を楽しめるメニューでした。
しかし貧乏人の自分のには値段の価値を見出すほどの、
味の違いがわかる「舌」は備わってないようです。

以上。
[PR]
by washiwo | 2010-08-18 19:00 | food

帰郷2 知床

世界遺産知床つづきまして、、、。

知床自体は非常に広大な面積なのですが、
入る事の出来る場所は、ほんの一部。
観光するのには1日あれば十分なんじゃないかな?

その観光で欠かせないのは、
船に乗って海から見る知床。
クマに遭遇する事もあるらしいです。

早朝8時の便に乗ったのですが生憎の霧雨。
それはそれで晴れとは違う良さがあったと思います。
e0080165_23391596.jpg
e0080165_23393137.jpg
e0080165_23394152.jpg
e0080165_23395884.jpg
e0080165_2340874.jpg
e0080165_23402311.jpg
e0080165_23403386.jpg
e0080165_23404555.jpg
e0080165_23405473.jpg

つづく。
[PR]
by washiwo | 2010-08-13 23:00 | domestic travel

帰郷1 知床

続きまして、北海道帰郷レポート。

2年振りの北海道!と思っていたのですが、
昨年も一泊のみで北海道に行っていたんですね。
昨年は実家の「滝川」には帰っていないので、
正確には2年振りの帰郷で良いのかな?

今回の帰郷は3泊4日。
しかし実家には24時間もいない、
帰郷といえるようなレベルではなく、
そのうちの半分近くは車での移動時間。
総走行距離1100km
東京⇔大阪往復ぐらいの距離かな。
そう聞くとそんなに?と思うかもしれませんが、
ほとんどが一般道の運転ですから。
けど北海道の一般道は高速道路みたいなもんとも言えますがね。
北海道一周とまではいきませんが確実に半周はしたかと?
運転が好きでない自分にはハードなスケジュールでした。

その運転の目的は世界遺産「知床」へ
北海道人ながら知床には行った事がなかったのです。
まずは実家がある滝川から知床までの道のりが6時間。
天気は曇り気味だったのですが、到着した知床に待っていたのは、
波がほとんどないオホーツク海に沈む素晴らしい夕日。
疲れも吹き飛びました。
e0080165_1222434.jpg

e0080165_12224312.jpg
e0080165_1223493.jpg
e0080165_12232025.jpg
e0080165_12233625.jpg
この巨大岩「オロンコ岩」にも登れます。
e0080165_12263681.jpg
その岩の上からの眺め。
e0080165_12271689.jpg
e0080165_12272933.jpg

つづく
[PR]
by washiwo | 2010-08-12 13:00 | domestic travel

NYC9 LAST!!

NYCリポート今回でラストです。

NYCの新名所?と言われる「ハイライン」に行ってきました。
チェルシー&ミートパッキングエリアの西側にある、
古い高架鉄道跡が昨年遊歩道としてオープン。
日光に当たってのんびりと過ごすのには良い場所なのかな?

e0080165_22562811.jpgこの高架がハイライン。

e0080165_2304549.jpg上ると緑がある遊歩道が続いています。のんびりと過ごすには良い空間ではあるのですが、よっぽど時間が余っていないと、もう行かないかな?




そして街ぶら。
ミートパッキングエリアの付近が、
やたらとポリスが多くて交通規制準備。
「デモ」でもあるのかな?と思っていたら、
何やら怪しい雰囲気に。

e0080165_2320651.jpgこんな人たちがあちこちに、、、。


そう、この日は「ゲイ&レズビアンフェスティバル」の日だったのです。
どうやらミートパッキングの下あたりは、そういう方々の聖地らしい。


e0080165_23202122.jpgしまいには、こんな方々まで現れるし

e0080165_23155411.jpgパレードが行われるストリートは人だらけ。

e0080165_2323559.jpgそしてパレードの通過

e0080165_23242831.jpg延々と続くパレード。けど、めちゃくちゃ楽しかったです。まさに自由の国アメリカ!刺激的過ぎて、かなりのカルチャーショックを受けました。




これでNYCリポート終了。
最初にも書きましたが、
NYCはお腹一杯になりました。
当分行かなくても良いかな?




e0080165_23294019.jpg最後に今回の旅の友
青砥先生。


おしまい
[PR]
by washiwo | 2010-08-10 22:00 | overseas travel


ストップオーバーを運営している ワシヲのブログ


by stopover

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
life
food
fashion
music
movie
book
airlines
domestic travel
overseas travel
stopover tokyo

以前の記事

2015年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧