<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ご案内

早いもので8月も終わってしまいますね。
そして夏も。

そんな季節に、
早くも弊社ブランド「stopover」の、
来春夏物の展示会のご案内です。

今回は「stopover」「washiwo」の
時期をずらしての発表になります。

「stopover」は
メンズ主体の合同展示会「JUMBLE」に初出展。

「washiwo」は
10/下旬に行う予定です。
詳細が決まりましたら、
追ってこちらで報告いたします。

「JUMBLE」展の詳細になります。
e0080165_18345042.jpg

出展ブランドはこちら
MAPはこちら

皆様のご来場心よりお待ちしています。
[PR]
by washiwo | 2011-08-31 18:00 | stopover tokyo

Europe after an interval of ten years in LONDON6

ロンドンのファッション。

ビックブランドからファストファッション、
大小さまざまなセレクトショップ、百貨店などなど。
他の大都市と同様にかなりの数があります。

e0080165_1951598.jpg日本でもお馴染のロンドンの百貨店「ハロッズ」まぁまぁここの豪華絢爛さは世界一かと?セレブの為の百貨店です。7月中旬でしたが全館秋冬物。日本みたいにダラダラとセールなんてやっていません。そしてブランドショップにはベールを被ったイスラム教の方々でごった返して入場制限をしています。ニューヨークではこんな事なかったのに、ヨーロッパは近いので来やすいのかな?恐るべしオイルマネー!
e0080165_2024981.jpg「セルフリッジ」ここも高級百貨店ですが、ハロッズにはかないません。日本で言う「伊勢丹」みたいな感じ。
e0080165_2044883.jpgリバティープリントでお馴染の名店「リバティー」外観の改装工事中。歴史を物語る建物の古さは否めません。もちろんプリント売り場は花、花、花、、、。
e0080165_20105064.jpg日本が誇るギャルソンのセレクトショップ「DOVER STREET MARKET」秋冬物の立ち上がり初日でしたが、日本とは違い、人はまばら。
e0080165_2014258.jpg今回の購入ブック。プリント資料を探していたので、いつもよりも大量になってしまいました。前回の旅行で気付いていましたが、重たい思いをして買ってきても洋書はアマゾンで買った方が微妙に安い。わかっちゃいるけどやめられない。雑誌は断然現地の方が安いです。
e0080165_20182567.jpgお気に入りはこの二冊。「ACNE PAPER」と「Lula」自分的にアクネのイメージはさほど良いものではなかったですが、ロンドンで見た印象はイケてました。毎シーズンこのようなブックを出しているようですが「超Cool」。それと今さらかもしれませんが最近のお気に入り雑誌ルラ。自分の作風とは異なるガーリーファッション雑誌ですが、ガーリーとは言っても子供っぽくないビジュアルがイケてます。
e0080165_2025952.jpg最後にエリザベス女王の人形。ソーラーパワーで手を振ります。

もう少し続きます。
[PR]
by washiwo | 2011-08-29 20:00 | overseas travel

Europe after an interval of ten years in LONDON5

ロンドン紀行まだ引っ張ります。

今回はロンドンの街をどうぞ。

e0080165_1623225.jpgリバプール駅。ロンドンに限らずヨーロッパの駅は天井が高くて良い雰囲気です。
e0080165_16242667.jpgパディントン駅。
e0080165_16261673.jpgテートモダンから見た「セント・ポール大聖堂」ダイアナ妃が結婚式を挙げたところね。
e0080165_16273697.jpg竹の子?ビル
e0080165_1628595.jpgタワーブリッジ
e0080165_16294593.jpgこれはロンドンの地下鉄マーク「UNDERGROUND」あまりにもCOOL!過ぎちゃって前回行った時に買ってしまったポスター。
e0080165_16324745.jpgその「UNDERGROUND」マークをモジったアートがあったので撮影。これまたCOOL!さすがイギリスのセンス。大好きです。
e0080165_1635497.jpg
e0080165_1636851.jpg

まだ続きます。
[PR]
by washiwo | 2011-08-27 17:00 | overseas travel

Europe after an interval of ten years in LONDON4

帰国して一ヶ月以上経過していますが、
記憶をしぼり出してロンドン紀行続けます。

今回は美術館の話。
美術館も前回来た時に、
ひと通りは観て廻っているのでいるので、
その中でのお気に入りの美術館、
「Victoria&Albert Museam」
10年前に来た時にはまだ出来ていなかった、
「Tate Modern」
ご存知コンラン卿が創った博物館
「Design Museum」
を廻りました。

ちなみに
イギリスのほとんどの美術館、博物館は
入場無料の寄付制です。

e0080165_23203268.jpgまずはお気に入りの「ビクトリア&アルバート博物館」ここは膨大な量の美術工芸品を集めた博物館。自分の目的は、とてつもない量のテキスタイル資料が展示してあるので、それが一番だったにもかかわらず改装中。服飾資料もかなりの量があるのに、ここも改装中。これは理解していたのですが、行った前週まで「Yohji Yamamoto」展が行われていました。結局は目的を一つも果たせず、ミュージアムショップで資料を買って、
e0080165_2328532.jpg旅の一つの楽しみ昼寝をここの中庭で。けど一体何しに来たんだ?
e0080165_23312010.jpgグッドデザインを展示した「デザインミュージアム」
e0080165_2334591.jpgそしてこれが火力発電所をリノベーションして創った現代アート美術館「テートモダン」内容は興味がある訳ではなかったですが、建物と空間の使い方が素晴らしかったです。
e0080165_23391416.jpg
e0080165_2339644.jpg

続く。
[PR]
by washiwo | 2011-08-25 23:00 | overseas travel

東京日記3

東京日記ラスト。

夜のハトバスを楽しんだ後に宿泊。
ホテルが銀座でしたので、
「築地」に行ってみました。
実は他国のマーケットは行くくせに、
目の前の自国にある有名な築地には
近寄った事すらなかった。
お盆期間中は開かれていない事を
知っておきながら向かってみました。

e0080165_22265795.jpg案の定9割?いやほぼ全てと言っていいほど閉店。にもかかわらず結構人は歩いています。
e0080165_22292912.jpg開店していたのは、名物社長の店「すしざんまい本店」ぐらい。
e0080165_22303713.jpgその「すしざんまい」でマグロの解体ショーは行われていました。次回はちゃんと開かれている時にもう一度来てみたいと思います。

午前中で終わってしまい、
その後、徒歩圏内の「汐留」へ
オフィス街である汐留自体は閑散としていましたが、
「日テレまつり」だけは凄い人でした。
それでも時間は余る。

そして、
いつもより多めのヘリコプターが飛び交う空を見てふと思ったのです。
そう、
この日は日本人として忘れては行けない日
8月15日終戦記念日でした。
そうだ「靖国神社」行こう!
終戦記念日の靖国は初めてです。

自分は特に右でも左でもありません。
別に愛国心がない訳ではなく、
物事の判断を誰にも影響される事なく
素直な自分の考えで判断出来るよう、
「リベラル」な考えでいたいのです。

歳のせいもあるかと思いますが、
色々な国に旅行に行くといつも考えるのが、

「ナショナリズム」

グローバルスタンダードって何だろう?
って思うほど、さまざまな考えや習慣があります。
毎年問われる「靖国問題」まさにナショナリズムそのものです。

e0080165_2344232.jpgこの日も東京は猛暑。声をかき消す程の蝉が泣き、警察官や公安?の方々が「これでもか!」ってぐらいいる中を進んで行きます。
e0080165_237142.jpg
e0080165_2382628.jpg参拝者の長蛇の列。参拝目的ではなかったので、さすがにこの中には列べません。リベラルな気持ちでの参拝は断念。参拝者はほとんどが年配の方なのかな?と思っていたのですが、意外と若い人も多かったです。
e0080165_2311699.jpg新聞にも載っていましたが、こんな人や
e0080165_23214463.jpgこんな人も。思想的にもビジュアル的にもちょっと偏った人が多いかと思われます。ここに来ているって事は自分も含めてか?境内には左方向の考えの方は近付けない雰囲気に感じました。
e0080165_2326936.jpgそして問題の?「遊就館」観てきました。館内は写真撮影禁止でしたので、パンフの説明を「靖国神社に鎮まります英霊のご遺書やご遺品をはじめ、英霊のまごころや事蹟な資料を展示しています」と言う事らしい。簡単に言うと近代日本の戦争の歴史を資料や映像で、そして武器、戦時品が展示されています。リベラルな考えで見るとかなり偏った内容に思えましたが、賛否は別として見応えのある内容です。展示の最初の言葉を注釈すると「あの時代の世界は国を守らないとやられる植民地時代。だから国を守る為の戦争だったのである」とありました。確かにそうでもあると思う反面、皆が使う戦争を正当化する為の世界の謳い文句ですね。
e0080165_2346564.jpg神社の周りには右方向の方々の集会が。

答えはわかりません。
けど、さまざまな国に行っても、
結局は日本が大好きです。
[PR]
by washiwo | 2011-08-23 23:00 | domestic travel

東京日記2

東京日記続き。

我が家は、
お盆期間中に妻の誕生日があるので、
毎年何かしらこの時期に出掛けます。

今年は悩んだ末、
久し振りにハトバスに乗ってみた。
今回のツアー内容は、
「夜の浅草、老舗の味と笑いの殿堂」
初の東京定期観光で、しかも夜観光便。
このコースを選んだ決めては、
初めての「寄席」を見てみたかった事。
その他の行程は特に興味があった訳ではないですが、
ツアーでの東京観光も、また違った感じで楽しめるかな?と。
短い時間の夜観光は初めてでしたが、
それはそれで満足でした。
では、行程順にどうぞ。

e0080165_1643169.jpg地方ツアーのほとんどが外注なので通常の観光バスですが、都内観光はハトバスイエロー車体。「がんばろう日本」
e0080165_16471928.jpgあんまり色気のないバスガイドさん。
e0080165_16482257.jpgまず浅草寺参拝。5時以降でしたので本堂が閉まっていましたが長蛇の列。
e0080165_16502146.jpg
e0080165_16504879.jpg仲見世の横丁は何故だか店のほとんどがKOREAN経営。
e0080165_16552041.jpg東京で人力車に乗れるのは、今では浅草ぐらいじゃないかな?
e0080165_17445793.jpg今回のメイン
「浅草演芸ホール」
までは歩いて移動。
e0080165_17462445.jpg時間の都合上鑑賞は50分だけ。その日の取りは正蔵師匠。残念ながら見れていません。
e0080165_17502586.jpg難しくてわからないかな?とも思ったのですが、意外と楽しかったですよ。15分おきに人は変わるし、落語だけじゃなくて漫才やら紙切りやら色々な人が出ているんです。通常は朝から夕方まで、夕方から夜まで、
¥2500で楽しめます。案外割安。
e0080165_17562511.jpgこれまた徒歩で「米久」へ。
「牛なべ」の夜御飯。
e0080165_1758917.jpgこれで二人前。これが意外と値段が高い。通常だと一人前¥3160。それにドリンク、御飯、みそ汁を付けたら¥5000近くいきます。だって御飯とみそ汁それぞれ¥320、ドリンクだってソフトドリンクで¥420、ビールで¥820もするんです。もちろん食事代はツアーのインクルーズですが、「すき焼き」にそこまで執着はないので通常ではまず行きませんね。味は普通。いくら老舗って言ったってこの値段はボッタクリかと?
e0080165_1804320.jpg最後は東京タワー。
夜の東京タワーは初めて。
e0080165_189933.jpgタワー内。
e0080165_1810171.jpg新宿方面の夜景。
出発地点の東京駅に戻ってツアーはここまで。
小旅行の気分を味わいたかったので、
この後にオプションで宿泊も付けてみました。
たまには?と言うか東京のホテルに泊まるのは何年振りだ?

続く。
[PR]
by washiwo | 2011-08-22 13:00 | domestic travel

東京日記

イギリス紀行はちょっとお休み。
海外も良いが、身近な東京にも目を向けてみようと東京散策。
「他国を知って自国を知る」
やっぱり東京はエキサイティング!
捨てたもんじゃない!

で、
今回は東京の東方面に住む友人宅に、
成長した子供に会いに行った時の東京。

e0080165_161185.jpgまずは腹ごしらえ。浅草と三ノ輪の間にある有名そば店「角萬」一度同じ友人に連れて来てもらった事があり、今回は2度目。
e0080165_1614192.jpgこれ「うどん」じゃありません、この店の看板メニュー「冷やし肉南蛮そば」あくまでも「蕎麦」です。この太麺が本当に激ウマ!
e0080165_162447.jpgそして東武東向島駅にある「東武博物館」へ。昔の列車やバス、運転手シュミレーションやジオラマ等々、たった200円で大人も楽しめる博物館。
e0080165_1621975.jpgシュミレーターなんか、オタクちっくな大人が子供と一緒に並んで楽しんでいたりなんかして、、、案外穴場。

e0080165_1602923.jpg
そして「634」に到達したスカイツリー。こんな間近に見たのは初めて。
e0080165_1605343.jpg
これは有名な「逆さツリー」


東京日記まだまだ続きます。
[PR]
by washiwo | 2011-08-20 16:00 | domestic travel

Europe after an interval of ten years in LONDON3

今回は13世紀から続いていると言う「バラマーケット」
「バラ」と言っても「花」じゃないですよ。
言葉の起源はわかりませんが、
フードマーケットです。

朝食後の朝一で行ったので、
フルーツ程度しか食べませんでしたが、
お腹を空かせて行くと良いかと思います。
まさに「買食い天国!」
さほど珍しいものはありませんでしたが、
見ていても楽しいマーケットでした。
e0080165_14504384.jpg

e0080165_1451977.jpg

e0080165_14513116.jpg

e0080165_14514533.jpg

e0080165_14515861.jpg

e0080165_14521429.jpg

e0080165_14523345.jpg

e0080165_14524553.jpg

e0080165_1453116.jpg

e0080165_14531830.jpg

e0080165_14535118.jpg

e0080165_1454446.jpg


[PR]
by washiwo | 2011-08-16 15:00 | overseas travel

Europe after an interval of ten years in LONDON2

続きまして、
リバプール駅から20分程歩いたところで、
日曜日だけ行われる、
「コロンビアロードフラワーマーケット」
もちろん生花ですので、
買う訳ではないのですが、
花が好きと言うより、
「色」が沢山あるので、
フラワーマーケットも大好きです。

e0080165_13455959.jpgこんな感じで50mぐらい並ぶマーケットですが、周りにはアンティークショップや雑貨屋が多数あるので見応え十分。
e0080165_13473117.jpg
e0080165_13474915.jpg
e0080165_13495790.jpg
e0080165_13501877.jpg
e0080165_13503421.jpg
e0080165_13505159.jpg
e0080165_1351885.jpg
e0080165_13513239.jpg
e0080165_13522426.jpg
e0080165_135328.jpg周辺にはこんな感じのイギリスらしい?アンティークショップや雑貨屋が並びます。

[PR]
by washiwo | 2011-08-13 14:00 | overseas travel

Europe after an interval of ten years in LONDON1

イギリス旅行記ロンドン編

前にも書きましたが、
観光地は前回の旅行でほぼ制覇しているので、
今回の目的は街ブラ&マーケット巡り。

ロンドンにはざまざまなマーケットがあります。
そのうちの蚤の市などをいくつか。

e0080165_010389.jpgロンドンで一番有名な?
ポートベローの蚤の市。
e0080165_0123683.jpg
e0080165_0125715.jpg
e0080165_0131884.jpgリバプール駅周辺にあるマーケットをいくつか.
マーケットのみならずリバプール周辺にはイケてるショップが並ぶ地区。これは「サンデーアップマーケット」かなり盛り上がっていました。
e0080165_0201152.jpg
e0080165_0203742.jpgマーケット内には世界各国の屋台が並び手頃に食べられます。
e0080165_022446.jpg日本の縁日みたいなもんかな?
e0080165_0232497.jpgこちらはアンティークが中心の「バックヤードマーケット」
e0080165_0251523.jpg青空カットなんかもあって、周辺はお祭りのように活気がありました。
e0080165_0263514.jpg「スピタルフィールドマーケット」

マーケットは好きで行っても買い物は全くしないんですけどね。
ロンドンに行かれる方は是非ともリバプール駅周辺を散策して下さい。
[PR]
by washiwo | 2011-08-12 23:00 | overseas travel


ストップオーバーを運営している ワシヲのブログ


by stopover

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
life
food
fashion
music
movie
book
airlines
domestic travel
overseas travel
stopover tokyo

以前の記事

2015年 04月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧